青色申告・立替金

立替金


立替金は、事業を運営するにあたって、取引先や従業員に、一時的に金銭を立替えた場合に用いる勘定科目です。

立替金に含めるものには、次のようなものがあります。

  1. 従業員が負担する雇用保険を会社が支払ったとき。
  2. 得意先が負担すべき運賃を一時的に立替えた。

立替金に関する仕訳例

例1得意先の運賃を、会社が一時的に立替えた。

借 方 貸 方

立替金 10,000

現金 10,000

例2.労働保険料200万円を会社が支払った。従業員負担分は16万円であった。

借 方 貸 方

法定福利費 1840,000

普通預金 2000,00
立替金 160,000  

例3.立替えてた代金を支払ってもらった。

借 方 貸 方
普通預金 10,000 立替金10,000

 





 

※当サイトは、リンクフリーです。

Copyrught(c)2007 silvia All Right Reserved.