青色申告・租税公課

租税公課


国または地方公共団体が課する税金の支払いについて用いる勘定科目です。

租税公課の勘定科目は下記のようなケースで使用します。

  1. 社用車に対する自動車重量税を支払ったとき
  2. 契約書や領収書を作成したため、印紙をはったとき
  3. 事業用の土地や建物の固定資産税を支払ったとき
  4. 住民票や戸籍謄本などを購入したとき
  5. 個人事業税を納めたとき
  6. 消費税を納めたとき

租税公課に関する仕訳例

例1.契約書にはるための収入印紙を購入した。

借 方 貸 方
租税公課 2,000 現金 2,000

例1住民票を購入した。

借 方 貸 方
租税公課 300 現金 300

例1.消費税を納めるため、普通預金から払った。

借 方 貸 方
租税公課 500,000 普通預金 500,000

 





 

※当サイトは、リンクフリーです。

Copyrught(c)2007 silvia All Right Reserved.