個人事業・節税対策

節税対策


個人事業主となった場合、所得とそれにかかる税金を自分で申告することになるので、節税対策のやりかたも会社員に比べるとたくさんあります。

節税方法には主に次のようなものがあります。

  1. 青色申告により65万円の特別控除を受ける
  2. 青色事業専従者給与を使い家族へ支払う給与を全額経費にする。
  3. 青色申告を選択することで、事業のために購入した30万円未満の商品を全額経費にする。
  4. 青色申告を選択しることで貸倒引当金制度を活用して節税する。
  5. 青色申告を選択し、赤字分を翌年に繰り越して節税する。
  6. 事務所兼自宅の家賃や水道光熱費、通信費などを必要経費に計上して節税する。
  7. 自家用車の経費を必要経費にあてて節税する。
  8. 複数ある減価償却方法から定率法を選択して節税する。
  9. 年末に消耗品などをまとめ買いする。
  10. 災害や盗難などにより損害を受けた時は、雑損控除という所得控除を受けることで節税する。
  11. 国民健康保険や国民年金を支払っているときは、社会保険料控除を使って節税する。
  12. 生命保険に加入しているときは生命保険料控除を使って節税する。
  13. 地震保険に加入しているときは、地震保険控除を使って節税する。
  14. 本人や家族に障害者がいるときは、障害者控除を使って節税する。
  15. 扶養家族がいるときは扶養控除を使って節税する。
  16. 配偶者控除や配偶者特別控除を活用して節税する。
  17. 独立・開業準備に要した費用は必要経費にして節税する。
  18. 自宅や車を購入した時は、必要形にして節税する。




節税対策

※当サイトは、リンクフリーです。

Copyrught(c)2007 silvia All Right Reserved.