青色申告・事業主借

事業主借


個人事業主でも、経理上は、個人の財布と事業用の財布を分けて記帳する必要があります。

個人の財布から事業のお金を借りた場合は、「事業主借」という勘定科目を使います。

事業で使用してい銀行預金に利息がついた場合は、「事業主借」を使って仕訳をします。また個人の財布から事業用の経費を支出した場合も「事業主借」を使って仕訳をします。たとえば個人の財布から駐車場の料金を現金で支払った場合、個人の財布から事業のために使う書籍を現金で購入した場合など。

事業主借に関する仕訳例

例1.個人の財布から、事業用の車のガソリン代を支払った。

借 方 貸 方
車両費 2,000 事業主借 2,000

例1.個人の普通預金から、事業用の携帯電話料金を引き落とした。

借 方 貸 方
携帯電話料金 10,000 事業主借 10,000

例1.個人の財布から、事業のための書籍を購入した。

借 方 貸 方
新聞図書費 2,000 事業主借 2,000

 





 

※当サイトは、リンクフリーです。

Copyrught(c)2007 silvia All Right Reserved.