個人事業を開業するには

個人事業開廃業等届出書


個人事業を開始した者は、まず個人事業開廃業届出書を税務署に提出します。提出期限は。開業後1カ月以内ですが、1か月を過ぎてしまった場合でも、受理されることが多いようです。個人事業開廃業届出書は、税務署または国税庁のホームページからダウンロードすることができます。

会社をやめて個人事業主となった場合、これまで会社が徴収していた税金を自分で支払うようになるため、その旨を税務署に個人事業開廃業届出書を提出することによって報告します。青色申告によって確定申告をする場合は、これとあわせて青色申告承認申請書も提出することが多いようですが、青色申告承認申請書は、1月1日から同月15日までに個人事業を開始した人は、その年の3月15までに提出し、1月16日以降に個人事業を開業した人は、開業から2か月以内に提出すればいいので、そんなにあわてる必要はないです。 青色申告によって確定申告をする場合は、白色申告に比べて付けなければンらない帳簿が多くなりますが、今は会計ソフトがほとんどの帳簿を自動的に作成してくれますので、以前に比べたらかなり楽になりました。青色申告によって確定申告をする場合は、仮に個人事業として開業した年が赤字であったとしても、次年度にその赤字を繰り越すことができます。





個人事業開廃業等届出書

※当サイトは、リンクフリーです。

Copyrught(c)2007 silvia All Right Reserved.