個人事業の税金

個人事業主の税金

個人事業主の税金


個人事業主は、2月16日から3月15日までに、1年間(1月1日から12月31まで)の所得とそれに対する税額を計算して税務署に報告します。これを確定申告といいます。これに対してサラリーマンは、給与にかかる税額を会社が計算して会社が税務署に報告します。これを源泉徴収と言います。
個人事業主が納める税金には、所得税・消費税・事業税・国民健康保険税・住民税の5種類がありますが、そのうち確定申告が必要なものは所得税と消費税です。ただし消費税は前々年度の売上が1000万円超えた場合に発生するものなので開業後2年間は納める必要がありません。

個人事業主が支払う税金の詳細は以下のとおりです。

所得税 1年間の個人の所得に対する税金 確定申告要 翌年の3月15日まで
住民税

個人の所得に対してかかる税金のうち市区町村と都道府県に納める税金

申告不要 翌年に4回納付
国民健康保険税 国民健康保険の掛け金として納める税金 申告不要 翌年に10回納付
個人事業税 個人事業主の所得に対して課税される税金 申告不要 翌年に2回納付
消費税 売上に対して課税 確定申告要 翌年の3月31日まで

 





個人事業の税金



※当サイトは、リンクフリーです。

Copyrught(c)2007 silvia All Right Reserved.